女性薄毛治療の現状は?

薄毛や抜毛に悩む女性は急増しており、頭髪専門のクリニックを訪れる方が年々増え続けているとデータがあります。
女性の薄毛の症状と女性薄毛治療の現状をご紹介しましょう。

マイナビニュースをご紹介します。

女性の薄毛で一番多いのが「びまん性脱毛症」で、頭部全体が薄くなり、分け目や頭頂部の地肌が見える症状です。
更年期前後から見られて、ホルモンバランスの乱れやダイエットのし過ぎ、間違ったヘアケアなどが原因となります。

「分娩後脱毛症」は、妊娠後期の女性ホルモンの影響で、ヘアサイクルが乱れて起こります。

通常は、半年から1年で元に戻ります。



「牽引性脱毛症」は、ポニーテールなど髪の一部を強く引っ張る髪型を続けることで、その部分だけ薄毛が目立つようになる脱毛症で、髪型や分け目を変えることで改善します。


女性薄毛治療では、まず頭髪や頭皮の状態を診察し、生活習慣などのカウンセリングを行います。

一人一人の症状に応じて、内服薬や外用薬の投与、育毛メソセラピーなどから、最適の治療法を組み合わせて治療が行われます。
育毛メソセラピーとは、育毛剤を頭皮に直接注入する施術で、塗布するよりも、薬剤が効果的に作用する施術法です。


ストレスや食事も含めた生活習慣を改善することで、効果が得られやすいのが、女性薄毛治療の特徴です。



びまん性脱毛症に効果があり安全性も認められたサプリメントもありますので、自己流のケアで改善が見られない場合には、専門家に相談するとよいでしょう。